1823円 大切な人を暑さから守りたい「WFan(ダブルファン)」 SPICE ダブルファンハンズフリー ヨガエアー ライムグリーン DFYA211LG 家電 季節・空調家電 扇風機・サーキュレーター その他 家電 , 季節・空調家電 , 扇風機・サーキュレーター , その他,1823円,SPICE,ライムグリーン,/curatorium4350150.html,messy.homeip.net,DFYA211LG,大切な人を暑さから守りたい「WFan(ダブルファン)」,ヨガエアー,ダブルファンハンズフリー 大切な人を暑さから守りたい WFan ダブルファン SPICE ヨガエアー ダブルファンハンズフリー DFYA211LG ライムグリーン 超特価 1823円 大切な人を暑さから守りたい「WFan(ダブルファン)」 SPICE ダブルファンハンズフリー ヨガエアー ライムグリーン DFYA211LG 家電 季節・空調家電 扇風機・サーキュレーター その他 家電 , 季節・空調家電 , 扇風機・サーキュレーター , その他,1823円,SPICE,ライムグリーン,/curatorium4350150.html,messy.homeip.net,DFYA211LG,大切な人を暑さから守りたい「WFan(ダブルファン)」,ヨガエアー,ダブルファンハンズフリー 大切な人を暑さから守りたい WFan ダブルファン SPICE ヨガエアー ダブルファンハンズフリー DFYA211LG ライムグリーン 超特価

大切な人を暑さから守りたい WFan ランキング第1位 ダブルファン SPICE ヨガエアー ダブルファンハンズフリー DFYA211LG ライムグリーン 超特価

大切な人を暑さから守りたい「WFan(ダブルファン)」 SPICE ダブルファンハンズフリー ヨガエアー ライムグリーン DFYA211LG

1823円

大切な人を暑さから守りたい「WFan(ダブルファン)」 SPICE ダブルファンハンズフリー ヨガエアー ライムグリーン DFYA211LG




・お取寄せ商品や、直送品に関しましてはご注文頂いても在庫がない場合があります。・お客様都合でのキャンセルはお受け出来ませんのでご了承下さい。・北海道、沖縄、離島への配送は別途送料が発生する可能性がございますので、 予めご了承ください。
暑い時、暑い場所でいつでもどこでも、首にかけるだけの携帯用扇風機です。パワフルな風はそのままに、首にフィットするように小さめのネックラインになりました。真夏のフェスやアウトドア、スポーツ観戦、散歩、山登り、遠足、お祭りや日常生活でのガーデニング、お風呂上り、お化粧時、家事の時、通勤、通学、オフィスなどあらゆる場面で活躍するアイテムです。
■持つ必要がないので、手が自由になり快適に使用できます。
■ファンに繋がるアームは、上にむけたり左右へ最大180度お好みの方向にすることが出来ます。
■ファンは音が静かな5枚羽根を採用、指が入りにくいデザインのカバーで広範囲に風を当てることができます。
■屋外はもちろん、インドアでもより快適に使いやすいよう5段階の細かな風力調整が可能になりました。側面スイッチで電源を入れ、押すごとにリズム(自然の風のように強弱)→微風→弱風→中風→強風→OFFと切り替わります。
■約225gと軽量なので首への負担がありません。
■環境を考えたニッケル水素電池内蔵で、簡単で便利なUSBポートから充電。面倒な電池交換は不要です。
■フル充電で最大約12時間連続使用ができます。リズム/約400分微風/約700分弱風/約380分中風/約250分強風/約140分と連続使用時間もUPしています。
■卓上に置いて使用ができるのも嬉しいポイントです。
■暑い場所でお仕事をする人へのギフトにもおすすめです。
■通年アイテムとしてホットフラッシュで困っている方にも喜ばれています。
■ファッションの一部としてもおしゃれなデザインです。

サイズW170×D35×H265mm
個装サイズ:18×8×27cm
重量225g
個装重量:380g
素材・材質本体:ABS樹脂
羽根:ポリプロピレン
アーム:シリコン、アイアン
仕様入力:DC5V1.0A(USB充電式)
充電池(内蔵):ニッケル水素電池3.6V、2000mAh
充放電可能回:数約500回

付属品充電用USBケーブル、ヘアゴム
生産国中国
・広告文責(フューエルインジェクション株式会社 TEL:050-5534-9192)

大切な人を暑さから守りたい「WFan(ダブルファン)」 SPICE ダブルファンハンズフリー ヨガエアー ライムグリーン DFYA211LG

カンコー博物館

学生服の歴史、工場見学、カンコーの由来などのご紹介しております。「なるほど!」「へぇー」とつぶやきたくなる情報を日々集めてお伝えしてまいります。

カンコー博物館