スリーエム,クリーンサンディングディスク,ジャパン(株)オート・アフターマーケット製品事業部,#80,1822円,キュービトロン2,125mm,花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , 電動・エア工具用アクセサリー , 研磨工具用アクセサリー , その他,■3M,messy.homeip.net,サンダー用ペーパー,/curatorium4776150.html,50枚〔品番:31366AADB〕【1025893:0】 スリーエム,クリーンサンディングディスク,ジャパン(株)オート・アフターマーケット製品事業部,#80,1822円,キュービトロン2,125mm,花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , 電動・エア工具用アクセサリー , 研磨工具用アクセサリー , その他,■3M,messy.homeip.net,サンダー用ペーパー,/curatorium4776150.html,50枚〔品番:31366AADB〕【1025893:0】 スリーエム ジャパン 株 オート アフターマーケット製品事業部 サンダー用ペーパー ■3M 激安通販販売 クリーンサンディングディスク 125mm キュービトロン2 1025893:0 50枚〔品番:31366AADB〕 #80 1822円 スリーエム ジャパン(株)オート・アフターマーケット製品事業部 サンダー用ペーパー ■3M キュービトロン2 クリーンサンディングディスク 125mm #80 50枚〔品番:31366AADB〕【1025893:0】 花・ガーデン・DIY DIY・工具 電動・エア工具用アクセサリー 研磨工具用アクセサリー その他 スリーエム ジャパン 株 オート アフターマーケット製品事業部 サンダー用ペーパー ■3M 激安通販販売 クリーンサンディングディスク 125mm キュービトロン2 1025893:0 50枚〔品番:31366AADB〕 #80 1822円 スリーエム ジャパン(株)オート・アフターマーケット製品事業部 サンダー用ペーパー ■3M キュービトロン2 クリーンサンディングディスク 125mm #80 50枚〔品番:31366AADB〕【1025893:0】 花・ガーデン・DIY DIY・工具 電動・エア工具用アクセサリー 研磨工具用アクセサリー その他

スリーエム ジャパン 株 オート アフターマーケット製品事業部 サンダー用ペーパー ■3M 激安通販販売 クリーンサンディングディスク 125mm 開店祝い キュービトロン2 1025893:0 50枚〔品番:31366AADB〕 #80

スリーエム ジャパン(株)オート・アフターマーケット製品事業部 サンダー用ペーパー ■3M キュービトロン2 クリーンサンディングディスク 125mm #80 50枚〔品番:31366AADB〕【1025893:0】

1822円

スリーエム ジャパン(株)オート・アフターマーケット製品事業部 サンダー用ペーパー ■3M キュービトロン2 クリーンサンディングディスク 125mm #80 50枚〔品番:31366AADB〕【1025893:0】



オレンジブック トラスコ中山 TRUSCO
《メーカー》
スリーエム ジャパン(株)オート・アフターマーケット製品事業部
《特長》
●キュービトロン[[TM上]][[R2]]研磨砥粒を採用し、圧倒的な切れのよさを実現しています。
●渦巻状にデザインされた穴により、研磨カスの排出性を高め、目詰まりを低減させ切削性・研磨持続性を向上させます。
●ディスクパッドへの装着の際に穴位置を合わせず装着できます。
《用途》
●金属塗装のパテ・サーフェーサー・焼き付け塗装面の研磨・金属表面の肌ならし研磨。
●バリ取り、色はぎ、足付けなどの作業に。
《仕様》
●外径(mm):127
●粒度(#):80
●最高使用回転数(rpm):9000
●色:紫
《仕様2》
●最高使用周速度:58.9m/s(3533m/min)
●ワンタッチタイプ
●穴あり
《原産国(名称)》
アメリカ
《材質/仕上》
●基材:紙
●砥粒:セラミック砥粒、酸化アルミニウム
《セット内容/付属品》
《注意》
●この商品は、一般消費者様向けの製品ではない為、表示や取扱説明書等が一般消費者様向けに表記・同梱されておりません。
《JANコード》
4549395745753
《本体質量》
470.0g

スリーエム ジャパン(株)オート・アフターマーケット製品事業部 サンダー用ペーパー ■3M キュービトロン2 クリーンサンディングディスク 125mm #80 50枚〔品番:31366AADB〕【1025893:0】

カンコー博物館

学生服の歴史、工場見学、カンコーの由来などのご紹介しております。「なるほど!」「へぇー」とつぶやきたくなる情報を日々集めてお伝えしてまいります。

カンコー博物館