2005年9月アーカイブ

健診 36w4d

前回のまさかの早産傾向宣告から2週間。
今回からは臨月に入ったということもあり、1週間おきの健診になり、検査項目も増えるようだ。
前回、副院長先生(女性)で、とても丁寧で感じがよかったので、ちょっと期待していたのだが、いつもどおり院長先生(男性)のあっさり健診だった。お腹の張りのことも何も言われなかったので、「前回安静と言われて、散歩とか控えてたんですけど、もう再開してもいいんですか?」と自ら質問。
30分~1時間くらいからはじめて、慣れてきたら、2時間くらい散歩してください、だって。
びくびく生活してた2週間はなんだったんだろう・・・まあ、ともかく赤ちゃんが無事でよかった。
足とか胴回りに比べてちょっと頭が大きめだけど、2520グラムに成長していました。
今日は普段の健診のほかに、採血、NST(ノンストレステスト)↓
http://www.babycom.gr.jp/birth/word/word_na.html
助産師さんとの面談、母乳マッサージと、メニューが豊富だった。
NSTははじめての検査だったが、赤ちゃんの心音がドクドクと聞こえるのでとても不思議な感じ。
途中、大きな張りを感じたところ、折れ線グラフがビクッと反応していたので、おお!と思った。
面談は、母親学級で一度お見かけしたことのある助産師さんとマンツーマンで。
リラックスした雰囲気で、お産に臨めるようサポートしてくれそうな感じ。呼吸法は自宅で練習しておくように指導された。
おっぱいも見てもらった。最近、入浴中に、独自マッサージ?していたせいか、いい具合のようだ。
実は、乳汁も少しでている。無理せず続けていこう。
ソフロロジーのBGMもやっと借りられた。ただ、CDはやはりなくって、テープだったけど・・・
と、お会計を終えて、産院を出ると、12時。2時間もいたよ~
早めに終えて、迎えが来るまで京セラホテルでジュースでも飲もうと思ってたのに、叶わなかった。残念。
今日から、夕方の散歩再開しました。ただ1周は坂道がきついので半分で折り返して20分コース。
徐々にのばして行こうと思う。

春日部の友人宅訪問

今日は、大学時代の友人の友達夫婦(説明が難しいので・・・!?)のおうちにいってきた。
夫婦に子供ができてから、なかなか顔を見に行くことができずにいたが、1年以上たって
ようやく訪問することができた。

おみやげに、小川軒のレイズンウィッチを買っていった。
http://www.ogawaken.co.jp/
前日の夜遊びのおかげで、少し、寝坊してしまったが、どうにか買いに行くことができた。

お昼ごろに、到着。
子供とご対面。しかし・・・。人見知りが激しいようで、いきなりの号泣。
知らない人がいるとだめのようだ・・・。
男性ばかりで押しかけたのが悪かったのか・・!?
(残念ながら、この日、最高の笑顔を拝むことはほとんどできなかった・・・。)

おいしい料理をごちそうになった。偶然にも、若干、二日酔いのmessyの体に、
やさしい料理ばかりで、おいしくいただく事ができた。ごちそうさまでした。m(__)m

話は、マンション購入の話から、パソコンの話となり、急遽、パソコンのメンテナンスを
実施。どうやら、動きが遅いということで、調べてみると。。。
WindowsXPで、256MBのメモリしか搭載されておらず、それが原因で、何をするにも
動作が遅いことが判明。
そのまま、メモリを購入にして、装着!
その後は、非常に快適なパソコンとなった。これで、あのパソコンも本領を発揮できるだろう。
あ、そういえば、ウィルスソフトの購入もしたっけ・・・。

何はともあれ、今度行ったときには、子供の笑顔をみたいものだ・・。

前の会社の人とのお食事会

今日は、前の会社でお世話になった方と久しぶりに会うことに。
場所は、津田沼。大学が津田沼の近くになったし、なんだかんだで8年くらい
暮らしていた場所に行くのは、非常楽しみだった。
津田沼は思いのほか、変化はなく。ちょっと、がっかり!?。

話はつきることなく、近況や思い出話をしているうちにあっという間に時間が
たってしまった。
しかも、芋焼酎を持っていったのだが、意外と飲みやすく、翌日まで持つかと思ったら
あっさりあけられてしまった。。。
最近の芋焼酎はほんとに、飲みやすくなっていると、改めて実感した。

前の会社は若い人が多く、そのときの印象が非常に色濃く残っているので、
5年以上あってなかった人と、この日、再会して、大人になったな・・と、感じてしまった。
(まぁ、自分も年はとっているんだけど・・・)

あっという間に時間が過ぎ、家路に向かおうと思ったが、時間も少し早かったので、
新浦安に向かうことに。
しかし、ここから、またまた、カラオケで盛り上がってしまった。
激しい1日となった。

同級生宅へ・・

今日は、大学時代の友人の家に訪問した。
我が家と同じ年の赤ちゃんが誕生する友人宅へのご訪問。
実は、前々から訪問する予定だったのだが、なかなかいくことができず、
ようやく実現した。

おみやげには、松戸の洋菓子屋さんで、シュークリームを購入。
CERISIER(スリジェ)
千葉県松戸市小金原8-33-3
ホームページがないのが残念だが、シュークリームは非常においしかった。
クリームがたっぷりだけど、さっぱりとした甘さだった。

同級生宅でお昼ご飯をごちそうになった。
お酒を飲むつもりはあまりなかったのだが、おつまみにはうってつけのものばかりが
出てきたので、お酒が進んでしまい、気がついたら、夕方。。
鯛めしもホワイト餃子もあっさりと平らげてしまった。

そうそう、途中、Kukiとメッセンジャーで会話を楽しむ。
こちらの表情や音声を伝えることができなかったのが残念だが、
kukiの顔を見て、会話を楽しんだ。

同級生の赤ちゃんは、男の子とのこと。
うちが女の子だし、ちょうどよかった!?のかな。。
周りでは、バランスよく!?男女が交互に生まれている感じだな。。

その後、おなかを空かせるためにボーリング場へ向かう。
しかし、3連休の中日ということもあり、非常に混雑。待ち時間40分ということで、
断念し、カラオケへ変更。

ついたカラオケ屋さんは、見た目正直、今時ではない感じだったが、
入って見ると、意外と最新曲が入っている、さすが通信カラオケの時代と思ってしまった。
2時間たっぷり盛り上がる。
妊婦の胎教には、よかったのかどうかは・・・。

いったん、友人宅に戻り、なしを食べて、夕食を食べに、ラーメン屋さんへ。。

いやぁ。しかし、若い休日の過ごし方をしてしまった。
なんだかんだで、23時過ぎ。

家に着いたのは。。24時をまわっていた。。。

昔の同僚?と・・・

今日は、昔、一緒に仕事をしていた同僚と、久しぶりに会うことになった。
彼には、結婚式の2次会の幹事をお願いしたりと、いろいろとお世話になっている。
そう、結婚前は、夜遅くまで、よく遊んだもんだ。。。

今日は、彼が昼間、野球ということで、いったん家に帰ってから待ち合わせたので
少し遅めの飲み会となった。
場所は、表参道。

messyが、ちょっと事前に調べたお店に行くことに。
最初、はなはなというお店を目指すが見つけられず。。
(後に、結婚式の2次会をやっていたお店がこの店だということが発覚)
http://www.nes-irg.com/hanahana/

もうひとつのお店に行くことに・・・。
青山ゑびす堂に向かうことに・・。
http://r.gnavi.co.jp/a312200/
ちょっと、入り口がわかりにくかったが、無事お店に到着。
予約がいっぱいらしく、ベランダのようなカウンター席に。
今日の天候なら問題なし。風少しあったし、気持ちいい感じでお酒を飲むことができた。

まずは、ビールを一杯。
お刺身をつつきながら、さらに一杯。。といった感じであっという間に時間がたってしまった。
料理は、全体的においしかった。最初に食べた刺身5点盛りは、かなりよかった。。。

閉めは、あつあつご飯に生卵で・・・。

ベビーベッド

今日、ベビーベッドが届いた。といっても、Kukiのお姉さん夫婦から譲り受けたといった
方がよいかな。

組み立ては、予想通り大変で、大人の男、二人で悪戦苦闘しながらどうにか組み立て完了。
自分の家においてみると意外と大きいことに驚く。

一気に部屋が狭くなった感じがする。

あと、これをKukiが戻ってくるまで、きれいな状態にたまっておくのは非常に厳しいとも感じている
こまめに埃をとるようにしないと、みるみる汚れそうな雰囲気がぷんぷんだ。

何はともあれ、Kukiのお姉さんの旦那さんには感謝せねば。

切迫早産?

鹿児島は、先日の台風で大きなダメージを受けた模様。
ニュースで何度も出てきた垂水では、断水が続いているらしい。
ようやく、復旧のめどがたったようだが・・・。

そして、Kukiのいる霧島でも温泉がでなくなってしまっているらしく、
かなり、生活リズムが狂っている様子。

そんなこんなで、産婦人科にも予定通り行くことができず、
今日、久しぶりの検診に出かけた。

結果は、切迫早産気味という診断がでたということで、ウテメリンを処方されたとのこと。
しばらく安静に過ごすように言われたようだ。

ここのところ、台風の影響でどたばたして、せわしなくすごしていたからだと思う。

今は、とにかく安静に、ゆったりとした1日を過ごしてもらいたいものだ。。

ようやく復活

| コメント(1)

とうとう、この日がきた。
しかし、長い道のりだった。。

まさか、つきをまたいでしまうとは思いもしなかった。

今日、新しいマザーボードがようやく届いた。
どきどきしながら、開梱。

すると、組み立て方法が記載された冊子が入っているではありませんか。
さすが、GIGABYTEと思ってしまった。

これで、少し気分的に楽になり、作業を開始することができた。
・CPUの換装
・CPUクーラーの換装
は、思いのほか、順調に行えた。
若干、CPUクーラーのつき方が微妙だが・・・。

それ以外、マザーボードをPCケースに装着するのに意外とてこずった。
外部インタフェースのところにフィットさせようとすると、ねじ穴があわない。
ここは、ちょっと強引にやってしまった。

あとは、少しずつ、パーツを追加していく作戦に。
まずは、SATAのディスクと、CD-ROMのみ
その後は、IDEのディスクを追加
そして、ビデオキャプチャーボード、RAIDカードを装着
最後に、RAIDカードにIDEディスクを2つ装着

緊張の電源ON。
無事に起動。すべてのアプリケーションもインストールが完了。

いやぁ、あと、もう少し細かいところは、残っているが無事に終わった。
いやぁ。ほんと、よかった。

呪縛からようやく抜けられた・・・。

2回目の母親学級。
5分ほど遅刻して恐る恐る部屋に入ると、すでにはじまっていた。
しかも前回と違い、20人くらいの妊婦さんがいたのでびびってしまった。
講師の助産師さんも前回とは違う人だった。
ちょうど、胎内の赤ちゃんの様子を人形を使って説明していた。いろんな教材があるのねー
その後、東京の母親学級でも抱っこした生後間もない赤ちゃんの人形が登場。
やはり抱っこしたが、ずっしり重く感じた。首がすわってないのがなんとも頼りない。
今日のお話は、カンガルーケアや母乳についてのことが印象に残ったかな。
産まれたらすぐに肌でスキンシップをとって、おっぱいをあげたい!と思った。
ひと段落ついたら、サンあもりから歩いて産院に移動。
2階の病室の案内をしてもらう。
2人部屋は、患者さんで埋まっていて中に入っての見学ができなかったが、個室も特別室も清潔でいい感じ。ただ追加料金のことを考えると、2人部屋で十分だよねーと思った。
いよいよ、陣痛室と分娩室の見学。アロマを炊いてるようで、リラックスしたいい空気が感じられた。
ドア一枚で隔てられているので当日は妊婦さん本人も歩いて移動するらしい。
立会いを希望しないご主人も、陣痛室で産声を聞くことができます、とのことらしい。
messy間に合うといいね。
この部屋とは別に、LDRという部屋も案内してもらう。
これは、陣痛&分娩&回復を移動しないで、ひとつの部屋で行うことができるという特別仕様の部屋。
お産が重なってしまった場合は、こちらを使うらしいが、最初から希望すると1万円余計にかかるらしい。
実際に出産する部屋を見ると、どきどきしてきたなー
私はどんなお産を迎えるんだろう。